再生可能な資源の分別方法

化石燃料から再生可能資源への転換

化石燃料から再生可能エネルギーへ

18世紀後半から19世紀初頭までにかけてイギリスにて始まった産業革命は、 手工業に変わり工場生産における様々な機械技術の発明、特に蒸気機関の開発に よる新たな動力による生産技術の革新とそれに伴う石炭の利用というエネルギー の変革を指します。この時代における石炭はまさに画期的なエネルギー源 だったのです。

産業革命と化石燃料

18世紀の産業革命以降、人間は生活環境をより快適に過ごすために、
時代を増すごとに多くの化石燃料を使用してきました。化石燃料とは太古
の動植物の遺骸が地質時代を通じて堆積し、地熱や地圧などによって変成
された燃料資源を指します。蒸気機関による工場の動力源や蒸気機関車に
使われた石炭は産業革命を支えた燃料であり、日本でも明治時代には政府
が積極的に石炭鉱山の開発が行われました。そして19世紀半ばには
アメリカで石油の採掘技術が確立し、本格的な石油産業が始まりました。
その後20世紀には中東やアフリカで油田が相次いで発見され、安価で大量
に供給されるようになった石油は暖房、火力発電や自動車などの輸送機関
などの燃料として飛躍的に消費量が増えました。しかし、1973年に
起きた第1次石油ショックが起きたことをきっかけに、日本のようなエネ
ルギー自給率の低い国は石油に代わる新たなエネルギーの開発に取り組む
ことを余儀なくされました。さらに化石燃料の過度の依存によって
二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が地球温暖化を引き起こし、食料
供給や居住環境の悪化といった問題が深刻化を増すようになりました。
これからの未来に向けて環境問題を解決するためには、温室効果ガス
を排出せず環境に優しい再生可能エネルギーの活用が求められます。
そのエネルギーの一つとして、地域のバイオマスを活用した再生可能
エネルギー活用の推進が挙げられます。その中でも小売、外食や旅館
などから出る食品廃棄物において分別収集、運搬し、肥料製造業者に
よってバイオガスを生成し、ボイラー燃料としてハウス栽培の熱源と
して活用するといった資源の積極的な活用等が、これから必要と
なっていくでしょう。

おすすめリンク

再生可能なエネルギーの種類と特徴

石油や石炭といった化石燃料はいずれ尽きる限りのある資源です。対して、 太陽光、風力、水力、バイオマス、地熱といったエネルギーは、自然界から絶えず再生されて半永久的に得られ、継続して利用できる再生可能な資源エネルギー です。また、以上に挙げた5種類は国の機関が定めた発電設備の導入に取り上げ られる再生可能エネルギーです。

従来型と変わる新たなエネルギー

新エネルギーとは、化石燃料や核燃料などといった従来型のエネルギー源 と違い、利用し続けても尽きることがなく、環境への影響が少ない エネルギー資源を指し、従来型に置き換わるものとして開発が進められて います。具体的には、動植物に由来する有機物のバイオマスによる エネルギー利用による自然エネルギーや廃棄物発電などのリサイクル エネルギーなどが該当します。