化石燃料から再生可能資源への転換

化石燃料から再生可能エネルギーへ

再生バッテリーとは?

バッテリーとは自動車搭載用の鉛蓄電池などの蓄電池の一種であり、充電を行う
ことで繰り返し利用が可能なものを指します。
主に使われる鉛バッテリーの構造はプラス極板に二酸化鉛、マイナス極板に
海綿状鉛、そして電解液に硫酸鉛を用いて、それらが化学反応を起こすことに
よって蓄電、放電が行われます。フォークリフトなどの作業機械や乗用車、
トラックやバスなどの大型商用車、蓄電池設備などに使われている鉛バッテリー
はもともと使い捨て前提で作られており、およそ2年から3年の周期で交換が
必要であるため、利用者にとってはコスト面において負担が少なくは
ありませんでした。そこで消耗したバッテリーを再び使用できるよう
にリサイクルして新品に近い状態に戻したものが再生バッテリーです。

再生バッテリーを使うメリット

再生バッテリーを利用する事によって様々なメリットがあります。新しくバッテリーを交換する場合は当然ながら購入費用が必要となりますが、再生バッテリーの価格は新品と比べ5割から7割程度安く購入できます。また、メーカーにもよりますが保証が付いているものが多く、1年から2年間の保証が付いている再生バッテリーが多く販売しています。また、自動車用蓄電池を一つ製造する際に約30キログラムの二酸化炭素が排出されると言われており、特に鉛バッテリーの製造における二酸化炭素の排出量は10倍以上の排出量とも言われてます。そして、これらの鉛バッテリーの年間生産量に対する二酸化炭素の排出量は150万トン以上にも及びます。これに比べ再生バッテリーのおける二酸化炭素の排出量は鉛や製造過程が無いため、大幅な削減が可能となっております。


この記事をシェアする